この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

地味なようで大変助けになる信用金庫

信用金庫の前に試してみたい融資

創業時に取りやすい融資として信用金庫があります。もう一つ忘れてはならないのが、日本政策金融公庫です。

日本政策金融公庫は、信用保証協会の判断で融資をするかしないかをせずに独自に判断します。そのために融資してくれるかどうか1か月ほどで決まります。

いくつかの公庫が前身となり、日本政策金融公庫ができたという経緯がありますから、地域支援の信用金庫の全国版といえますね。

低所得国民の資金の調達支援、中小企業の資金の調達支援、農林水産事業者の資金の調達支援を行います。中小企業の海外展開を支援できるように、外国と金融機関とも提携をしていますから、融資ばかりではなくそういった相談にも乗ってくれます。

いずれにせよ営利組織ではありませんから、相談に行けば親身に相談に乗ってくれます。

信用金庫独自の融資

信用金庫から融資を受ける場合一般的には信用金庫が紹介してくれる信用保証協会を通すことになると説明しました。信用金庫が信用保証協会を通さずに融資をしてくれることがないわけではありません。

信用金庫が信用保証協会を通さずに融資をしてくれるためには、次のような条件を満たしていることが望まれます。*融資を申し込む前にその信用金庫とお付き合いがありメインバンクのようになっていること。*あなたの事業所がその信用金庫のテリトリーですでに長年経営していて優良実績のあること。

従って起業したての場合には、まず信用保証協会を通すように言われます。この信用保証協会の合意が得られると信用金庫から融資が受けられますが、この場合には信用保証協会に信用保証料を取られます。